サポートSupport

良くある質問と回答

動作仕様に関する質問と回答

暗号化できないファイルの種類はありますか?

以下の拡張子を持つファイルは、暗号化しません。これらを暗号化するとアプリケーションやシステムの動作を損なう可能性があるため、暗号化の対象外としています。

(対象外の拡張子: .exe, .dll, .sys, .cat, .inf, .ini, .lnk, .tmp, .dat)

また、システムの安定動作を妨げないため、一部のディレクトリ配下についても暗号化の対象外としています。

暗号化対象外ディレクトリ
C:\Windows
C:\Program files
C:\Program files (x86)
C:\ProgramData
C:\$Recycle.bin
C:\System Volume Information
C:\Recovery
C:\Users\<ユーザ名>\AppData

暗号化できるファイルサイズに制限はありますか?

ファイルサイズに制限はありません。

どのような場合に暗号化されますか?

暗号化対象となる領域内において、ファイル操作を行った場合に暗号化します。以下の表に、平文ファイルを暗号化する条件についてまとめていますので、ご参照ください。(●:暗号化される、×:暗号化されない)

操作 領域内 領域外
新規作成 ×
開く ● ※ ×
上書き保存 ● ※ ×
閉じる ● ※ ×
ファイル名変更 ×
属性変更 × ×

※ 領域内の場合は、ファイルを開く時点で編集元ファイルを暗号化します。

操作 領域内→内 領域内→外 領域外→内 領域外→外
別名で保存(編集元のファイル) ● ※ × × ×
別名で保存(保存先のファイル) × ×
移動 ×
コピー(コピー元のファイル) × × × ×
コピー(コピー先のファイル) × ×

※ 領域内の場合は、ファイルを開く時点で編集元ファイルを暗号化します。

暗号化/復号する領域を変更したり、拡張することはできますか?

暗号化/復号する領域は、Cドライブ以外に変更することはできません。ただし、Cドライブ内にシンボリックリンクを定義することで対象領域を拡張することは可能です。

暗号化したファイルを開くアプリケーションを指定できますか?

拡張子ごとに設定するデフォルトアプリケーションとして指定することが可能です。また、アプリケーション・ホワイトリストに設定することでデフォルトアプリケーション以外でも開くことができます。

暗号化/復号に使用する暗号方式を変更することはできますか?

暗号方式を変更することはできません。しかし、TIFSは「AES-256」を採用しており、十分な暗号化強度を持っております。

ファイルが暗号化されていても動作するアプリケーションの一覧はありますか?

弊社で動作を確認済みのアプリケーションは以下のボタンから確認できます。

アプリケーション
Microsoft Word 2013
Microsoft Excel 2013
Microsoft PowerPoint 2013
Adobe Reader XI
Open Office 3.3(Writer / Calc / Impress)
Microsoft Windows Media Player
Microsoft Picture Manager

※ すべての動作を保証するものではありません。

※ アプリケーションにより、動作が異なります。

※ 暗号化したいアプリケーションを独自に追加することも可能です。

※ バージョンアップ等により、今後変更になる可能性があります。

暗号化ファイルを複数のアプリケーションで同時に開くことはできますか?

できません。アプリケーションホワイトリストで明示的に許可されているアプリケーションであっても、暗号化ファイルを複数のアプリケーションで開くことはできません。これは情報漏えいを防止するために必要な制限事項です。

暗号化/復号が有効化されている場合、ファイルアクセスのパフォーマンス低下はどの程度ですか?

暗号化/復号によるパフォーマンスの低下はほとんどありません。読み込み、書き込み処理速度への影響は 数% 程度です。(弊社による検証結果)

共有機能に関する質問と回答

共有するように指定した暗号化ファイルの共有を解除できますか?

可能です。以下の手順で共有を解除してください。

  1. 暗号化対象となる領域の外にいったん保存して平文に戻す。
  2. 平文のファイルを暗号化対象となる領域に移動する。(個人鍵で暗号化されます)

役職、部門、プロジェクトの複数の条件で共有範囲を指定することはできますか?

複数の条件を組み合わせることはできません。ただし、共有が必要なメンバーでプロジェクトを作成いただければ可能です。

ユーザー・鍵管理サーバーの運用に関する質問と回答

登録しているメールアドレスを変更できますか?

登録されているメールアドレスの変更は可能です。ユーザー・鍵管理サーバーの管理者へご相談ください。

使用上のトラブルに関する質問

トラブルが発生した場合の連絡先を教えてほしい。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。トラブルが発生した場合の連絡先は以下となっております。お手数ですが、以下のアドレスにメールでご連絡ください。

メール:support@tifs-security.com

お気軽にお問い合わせください

ご購入や導入方法、お見積りについてのお問い合わせは下記で承っております。

TIFS 情報漏えい対策ソリューションは無料試用版のダウンロードが可能です。