製品概要Product summary

TIFS (Trusted Information File System)とは

TIFSとは、業務で作成するあらゆるファイルを情報漏えいのリスクから守る「情報漏えい対策ソリューション」です。

TIFSは、暗号化されたファイルシステムを実現し、「ユーザーが操作したすべてのファイルを自動的に暗号化」します。ファイル暗号化のためにユーザーの手を煩わせることはありません。ユーザーは情報漏えい対策に気を取られることなく、本来の業務に集中することができます。

また、アプリケーションホワイトリストにより、「暗号化ファイルの操作を明示的に許可されたアプリケーションに限定」します。ウィルスやマルウェアなどの不正なプログラムから、ファイルの内容へのアクセスを防ぎます。

TIFSのメリット

ファイルそのものを暗号化

  • ディスク暗号化製品では暗号化されていないディスクにファイルを移動すると、暗号化されていない平文のファイルに戻ってしまいます。
  • TIFSは、ファイルそのものを暗号化しているため、ファイルがどこに移動されても暗号化されたままの状態を維持できます。

ユーザーに意識させずに自動で暗号化

  • ドラッグ・アンド・ドロップやパスワードの入力といった操作によりファイルを暗号化している場合、操作者の注意不足による暗号化漏れやパスワード忘れを防ぐことは困難です。
  • TIFSは、ファイル操作に応じて自動的に暗号化を行うため、暗号化忘れを防ぐことが可能です。また、ユーザーが本来の業務に集中できるため、生産性を低下させません。

復号できるアプリケーションを限定

  • ウィルスやマルウェアなどの不正なプログラムがファイルの内容へアクセスできる場合は、外部のサイトへ内容を書き込まれるなどの情報漏えいの可能性が生じます。
  • TIFSは、暗号化ファイルを復号できるアプリケーションを明示的に限定することで、未許可アプリケーションやマルウェアによる暗号化ファイルの復号を阻止します。

暗号化ファイルを共有する範囲を限定

  • パスワード付き暗号化ファイルをファイルサーバーで共有し、パスワードを配布するといった従来の方法では、パスワードの管理が負担となり平易なパスワードが使いまわされるなどの問題が発生していました。
  • TIFSは、管理サーバーに役職、部門、プロジェクトといった範囲を定義しておくことで、暗号化時に範囲を選択するだけという簡単な方法で、共有する範囲を限定することができます。

暗号化鍵を安全な場所で保持

  • 暗号鍵は決して奪われてはいけないため、暗号鍵を安全に管理することが重要です。
  • TIFSは、暗号鍵をユーザー・鍵管理サーバーで一元管理しており、クライアントPCのディスク上には保存しません。
  • TIFSは、クライアント起動時に暗号鍵をサーバーから取得し、OSで保護されたメモリー領域に格納します。OSで保護されたメモリー領域は、マルウェアなどのプログラムからアクセスできないため、暗号鍵を安全に守ります。

お気軽にお問い合わせください

ご購入や導入方法、お見積りについてのお問い合わせは下記で承っております。

TIFS 情報漏えい対策ソリューションは無料試用版のダウンロードが可能です。